ヘルプ・ミー@横浜

アクセスカウンタ

zoom RSS iGoogle がなくなる...

<<   作成日時 : 2012/07/06 01:11  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

iGoogle が来年11月1日になくなるそうです。ショックです。

FireFox の Home は iGoogle なのです。Chrome も使ってはいますが、iGoogle がなくなると、どうしたら良いのか分かりません。まだ、頭が受け入れを拒絶しているように思います。

「この決定に至った理由」を読むと「iGoogle のようなサービスの必要性が徐々に失われてきたため」とあります。私には必要なサービスなのに、と思ってしまいます。

「利用中のガジェットに保存されているデータはどうなりますか。」に対して、「他の Google サービス」と、ガジェット以外の言葉で説明を始めています。xxxのガジェットはyyyy、wwwのガジェットはzzzz など、呼応する単語を使ってもらわないと、なにが書かれているのか分かりません。Google が自社で用意した質問に、ちゃんとした回答をしているとは思えないのです。そもそも、「ガジェットって何?」という状態で読んでいる者からすると、はぐらかされているとしか感じられません。自分が使っているのがガジェットなのかサービスなのか、なんて事を利用者が理解していると前提を置くのは間違いです。

「iGoogle に代わるその他のサービスはありますか。」に対しても、「Google Chrome をご利用いただいている場合は、Chrome ウェブストアで生産性向上ツールや天気予報をチェックできるアプリケーションなど、さまざまなオプションを提供しています」というように、「サービス」に対して「ツール」「アプリケーション」「オプション」と異なる単語を並記してます。分かってもらおうなんて意識は感じられないですね。

無料提供しているサービスにこれ以上の手間はかけてられない、もし、そのように考えているのでしたら、悲しいです。私がライターなら、絶対にこの記述ではリリースしません。人材不足じゃありませんか?何なら手伝いますよ、私。本気でそう思います。

文句を言っても海の向こうで決まった事は、日本語では覆せないのは分かっています。でも、今回の記述では、「飛んでる飛行機は動かなくなりますので、スカイダイビングして降りて下さい。パラシュートはありますのでご安心を」と言われている気がします。せめてどこかの空港に着陸してから降ろして欲しい。できれば、「あなたはwwwへ向かわれるのですね、でしたらxx番ゲートに向かってください。係の者がそこで待機しておりご案内致します。」位まではして欲しいですね。

文章を構成し直し、不足している情報を追加して、分かりやすくする。この手間を惜しむのなら、Google で働いてる日本人は何してるんだろう、と正直思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
iGoogle がなくなる... ヘルプ・ミー@横浜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる